Article list

art

光と影の詩人、川内倫子:二つの展示会で見るアートの輪郭

アートの世界に新たな息吹をもたらす川内倫子の二つの展示会が、東京のアートシーンを彩っています。POST / limArtでの「いまここ」展とMA2 Galleryでの個展は、彼女の独特な感性と深い洞察力を感じることができる貴重な機会です。この記事では、これらの展示会の魅力を深く掘り下げ、川内倫子のアートワー...

art

「映画の魔法から写真の芸術へ:ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし展」

映画監督であり写真家でもあるヴィム・ヴェンダースの才能が、東京のN&Aアートサイトで展示される「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし」展で光り輝いています。彼の作品は、映画と写真の境界を曖昧にし、観客に新たな視覚体験を提供します。 展示の概要 この展示会は、2024年2月1日から3月2日までの期間、...

art

恵比寿映像祭2024「月へ行く30の方法」:アートが切り開く宇宙への新たな旅

2024年、東京の恵比寿で開催される恵比寿映像祭は、その独特なテーマ「月へ行く30の方法」で注目を集めています。この祭りは、アートと科学の融合を通じて、月旅行の新しい可能性を探求しています。本記事では、このユニークなイベントの魅力と、その背後にある深い意味に迫ります。 映像祭の概要 恵比寿映像祭2024は、...

art

山上新平の世界への一歩 – 「見るまえに跳べ 日本の新進作家vol.20」展覧会の魅力

日本のアートシーンにおいて、新進作家たちの創造性と情熱は常に注目の的です。特に、写真美術の分野では、新しい才能の発掘が文化の多様性と発展に不可欠です。この記事では、東京都写真美術館で開催された「見るまえに跳べ 日本の新進作家vol.20」展覧会に焦点を当て、特に山上新平氏の作品とその意義について探ります。 ...

art

アニッシュ・カプーア「奪われた自由への眼差し」:監視社会を映し出すアートの力

アニッシュ・カプーアの個展「奪われた自由への眼差し」が、東京・表参道のGYRE GALLERYで開催されています。この展覧会は、監視社会という現代のテーマを深く掘り下げ、私たちの未来について考えさせる作品が展示されています。 アニッシュ・カプーアの背景 インド・ムンバイ生まれのアニッシュ・カプーアは、197...

art

「渕上裕太:『見るまえに跳べ』で魅せる、日本の新進作家vol.20の躍動」

日本の写真界に新たな風を吹き込む「見るまえに跳べ 日本の新進作家vol.20」展。この展示会で注目を集めるのが、独自の視点で路上の日常を切り取る写真家、渕上裕太です。彼の作品は、日常の一瞬を捉えることで、見る者に新たな視点を提供します。本記事では、渕上裕太の魅力に迫ります。 「路上」シリーズで見せる日常のド...

Trip

東寺ライトアップ2023:五重塔と紅葉の幻想的な共演

京都の秋の夜を彩る東寺のライトアップが、2023年も訪れる人々を魅了します。特に、東寺の象徴である五重塔と紅葉のコラボレーションは、見る者を時空を超えた幻想的な世界へと誘います。 五重塔と紅葉の魅力 東寺の五重塔は、高さ55メートルにも及ぶ日本で最も高い木造塔で、国宝にも指定されています。ライトアップされた...

art

京都新風館、京都蔦屋書店:名和晃平のアートが彩る、歴史と現代の融合空間

京都の中心に位置する新風館は、歴史的建築と現代アートの融合が特徴の施設です。特に、名和晃平のアート作品がこの空間に新たな息吹をもたらしています。この記事では、新風館の歴史的背景とともに、名和晃平のアート作品とその影響について探求します。 名和晃平とは? 京都を拠点に活動する彫刻家・名和晃平は、セル(細胞・粒...